時代劇+α 拝見録

吉宗評判記 暴れん坊将軍のお庭番(半蔵おその)を主軸とした感想記録・半蔵役の和崎俊哉 氏の出演作感想も

吉宗評判記-今村

吉宗評判記188話『嵐を呼んだめ組の花嫁』(今村/荒井)感想

恩ある“に組”頭・市松の病が重い為、息子佐平とおまちの間に縁談話が持ち上がる。おまちは複雑な心境ながら話を受け入れようとするが佐平には夫を亡くした子持ちのおきた、という思い人がいた。そのおきたが暮らし、に組が後ろ盾の長屋が二足わらじの大島屋…

吉宗評判記181話『絵筆に誓った兄弟仁義』(今村/松尾)感想

結城藩留守居役井深の弟栄次郎は兄に勘当され、絵師を目指し遊里で恋人お夕と共に遊び暮らしていた。厳しいながらも自分を応援してくれていた兄が工事割当をたてに大名から賂を受けて権勢を誇る公儀奥右筆山城宗哲に辱めを受けた上に殺され、お夕も傷つけら…

吉宗評判記178話『土俵に賭けた舞扇』(今村/荒井)感想

龍虎の知り合いで武州から来た相撲取り志望の青年伝吉。共に来た育ての親の村名主半右衛門が年貢の減免を願った事により領主中泉と抱え力士荒岩に殺され、中泉主催の闇相撲に出て仇を取ろうと龍虎、吉宗と特訓を開始する。名主だけに飽き足らず妹おさんまで…

吉宗評判記168話『天下御免の夫婦喧嘩』(今村/荒井)感想

辰五郎と喧嘩をし、家を飛び出したおさい。知り合いの料理屋で岸和田藩家老と知り合い、家老宅へと招かれる。家老の狙いは若き藩主の亡き乳母お藤に生き写しのおさいを利用し、贔屓の商人泉州屋の綿専売を認めさせることだった。

吉宗評判記154話『棺桶の中に咲いた恋』(今村/松尾)感想

桶屋の善六と仙八は侍らに追われている知り合いから砂金の入った袋を託される。その砂金を使い、女郎に身を落としていた元廻船問屋江刺屋のお嬢さんお鈴を身請けし自由にしてやる善六。しかし江刺屋が潰れるもととなった船の沈没は積荷の砂金を着服するため…

吉宗評判記149話『偽りの絆が廻す夫婦独楽』(今村/荒井)感想

堺奉行朽木左馬助のご乱行が問題になり、疑問を持つ吉宗。左馬助は自らも病を得、嫡子をも病没し何故か吉宗の知る大工の棟梁巳之助の息子正太を連れ去ろうとする。吉宗とめ組が巳之助一家を守るなか、やがて左馬助の横暴、巳之吉と妻おしなの過去の苦しみが…

吉宗評判記147話『め組が架けた恋の橋』(今村/松尾)感想

芝口を視察していた吉宗と半蔵が見かけた千石屋おふみと芝口屋貞吉は相愛だが親同士の仲が悪く会うこともままならない。金儲け第一な千石屋が若年寄坂部下野守の掘割埋め立て画策に乗ってしまったことによりめ組、吉宗を巻き込んでの騒動に発展する。

吉宗評判記132話『駆けろ!天下の紀州号』(今村/松尾)感想

馬の改良のために吉宗が輸入した外国馬紀州号が輸送中に襲われ箱根山中で行方不明に。幸い元南部藩士で放逐された馬医者が保護し、駆けつけた吉宗らと共に江戸に連れてくる。しかし利権のため外国産馬輸入に反対する一味は諦めず、馬比べに参加させないよう…

吉宗評判記128話『あわれ、忍びの恋』(今村/荒井)感想 その2

前記事より続く

吉宗評判記128話『 あわれ、忍びの恋』(今村/荒井)感想 その1

吉宗を狙う尾張からの刺客は半蔵の伊賀の里での師匠室田半左衛門とその一味だった。室田の娘こずえと恋仲でもあったのに、その父を斬らねばならぬことになる半蔵を慮って吉宗は「お庭番を辞め、里に帰ってこずえを幸せにしてやれ」と命じるが…

吉宗評判記119話『女狐が泣いた人情纏』(今村/荒井)感想

大奥で3年ぶりの畳替えが決まり、吉宗提案で柳の局の賛同もあり御用達ではなく江戸中の畳屋から見本を集め業者を選定することに。御用達業者と組んで儲けようとしていた若年寄は目論見が外れたばかりでなく柳の局からも疎まれ、彼女の秘密を探り出す。

吉宗評判記102話『悪党の首まで取った借金取り』(今村/荒井)感想

相手によって姿を変えて役を演じ、必ず借金を回収する掛取り屋(借金取り)庄助。元は小田原の商家息子で3年前に火事により店と妻と父を亡くし、生き残った幼い娘はショックにより口がきけなくなっていた。自分の放蕩によりそんな事になったのだと悔いる庄助だ…

吉宗評判記98話『狼の里から来た娘』(今村/荒井)感想

御府内ご法度の鉄砲で大槌屋(名和宏)を狙い撃った姉妹。姉(ジャネット八田)が捕まり、斬首になるところを執行人の朝右衛門が命の恩人の猟師の娘ユリだと気づき、刑の延期を願い出た。事情を中々話さない娘だったが、伊佐山藩の隠し金山を見た父が殺され、そ…

吉宗評判記95話『炎の海に虹を見た』(今村/河野)感想

辰五郎が品川宿で出会った飯盛女はかつて消火活動で亡くなった義兄弟、鉄五郎の妻おふじだった。家族に誤解されながらも、困窮するおふじの為に身請けし、深川相川町で小間物屋を持たせてやる辰五郎。しかしその相川町を地上げして新しい遊女屋を建て儲けよ…

吉宗評判記89話『花も恥じらう一番手柄!』(今村/松尾)感想

伊勢参りの旅費を持ち逃げし、参加者らを途中で放り出し消える詐欺師達に岡っ引きの父を殺された娘が、再び現れた詐欺師達を見つけ仇を返そうとする話。