時代劇+α 拝見録

吉宗評判記 暴れん坊将軍のお庭番(半蔵おその)を主軸とした感想記録・半蔵役の和崎俊哉 氏の出演作感想も

吉宗評判記-迫間

吉宗評判記202話『ずっこけ勘八功名噺』(迫間/松尾)感想

甲府城御金蔵から御用金が奪われ、甲府勤番支配の関与を疑う吉宗は甲府入りする。そこで婿養子でうだつの上がらなさを妻に責められ家出した勤番役人安斉勘八に出会った。己の出世より人命を大事にする彼の心根を知った吉宗は御用金強奪犯捕縛の手柄を立てさ…

吉宗評判記199話『最後に微笑った悪い奴』(迫間/荒井)感想 その2

前記事より続く

吉宗評判記199話『最後に微笑った悪い奴』(迫間/荒井)感想 その1

津軽藩家老、工藤伝八郎という侍、八代屋が結託、藩政を握るため藩御用達だった千歳屋に放火して潰す。それを調べる為に家老に奉公していた千歳屋長女お志乃も殺す。だが遺棄した死体が川に浮き、隠すために辰五郎知り合いの臨月女房持ち勘太を利用し処分し…

吉宗評判記198話『あわれ、残んの花ちりぬ』(迫間/松尾)感想

吉宗の乳母おりくの方が江戸に出てくる。喜ぶ吉宗と爺だが、実はおりくは重い病で末期の別れに来たのだった。一方、おりくが権力を握るのではないか?と案じた柳の局が、勘定奉行を罷免され隠居した萩原監物を焚き付け、監物はおりくの方を亡き者にしようと…

吉宗評判記192話『泣き笑い河内人情ど根性』(迫間/松尾)感想

目安箱を設置した大阪から何の申し出も無い事に不審を抱く吉宗。御庭番を伴い大阪へとお忍び旅へ。かの地で楠木正成公の墓が打ち捨てられているのを目の当たりにし、これではいかんと石碑を建てようと石屋を訪ねる。頑固で口の悪い石工官六と何とか打ち解け…

吉宗評判記187話『天下御免!虚無僧変化』(迫間/松尾)感想

長崎奉行土屋掃部が怪しき虚無僧に殺され、土屋配下の与力も襲われ行方不明に。同じ頃江戸では若い娘が次々とかどわかされ、その件にも虚無僧が関わっている疑いが。両事件を追う吉宗は怪虚無僧を捕える為、虚無僧支配の総本山一月寺に乗り込み交渉。1日だけ…

吉宗評判記175話『百万石の冷飯くらい』(迫間/松尾)感想

加賀藩主の18番目の息子捨千代は大和高取藩の婿養子となる事が決まり、吉宗へのお目通りを控えていた。ところが当日藩邸からいなくなり、町で龍虎と源三と知り合い、記憶喪失だと偽り2人に世話になる。守り役の彦太夫は捨千代を必死に探し、また高取藩を手中…

吉宗評判記170話『血斗!甲州笛吹川』(迫間/荒井)感想

甲府を幕府直轄地とした吉宗。勤番支配として派遣された小山田丹波は吉宗を恨んでおり、甲府で圧政を敷き当地で暮らしていた武田の遺臣を追いやり、やがて騒乱が起これば吉宗の責にしようと画策する。吉宗は自ら甲府に赴くが山中で迷ううちに武田遺臣達に会…

吉宗評判記159話『お仲成仏 灯籠流し』(迫間/井沢)感想

苦労続きの元芸者お仲と知りあった吉宗。縁ある男を不幸にしてしまうと嘆くお仲だが、幼馴染の大工吉五郎と再会し所帯を持つ。幸せにと吉宗も喜んだ矢先、因縁の大身旗本一色左京らによりあっけなくその幸せが砕かれるのであった。

吉宗評判記156話『子連れじょんがら無念流』(迫間/松尾)感想

武道奨励により胡乱な町道場が乱立したことを憂う大目付神尾右京から御用道場を認定してはどうかと進言され、思案する吉宗。そのさなか道場破りの子連れ浪人錣勘兵衛に出会うが彼の亡き妻の敵が神尾だと分かり……

吉宗評判記153話『男が火花を散らすとき』(迫間/林)感想

町火消を目の敵にする大名火消しの加賀鳶。その加賀鳶にも松五郎という気持ちの良い男がいて辰五郎とも打ち解けたが結託する加賀藩留守居役と寺社奉行の陰謀により悲劇が訪れる。

吉宗評判記146話『ああ!成敗涙あり』(迫間/井沢)感想

町の刀師で妖刀村正を見かけた吉宗。その村正に魅入られた若侍工藤源三郎は吉宗知己の剣客日向一心斉の門弟かつ娘美佳の恋人であったが村正を手にしたことにより破滅していく。

吉宗評判記144話『御命焼酎一升にて候』(迫間/井沢)感想

息抜きに御庭番を伴い梅屋敷へ出かけた吉宗だが急病で町医者に担ぎ込まれる事態に。その町医者斎宮圭斉(いつきけいさい)は元相馬藩医であり欲がなく腕もいいが偏屈な頑固者で、命を救われた吉宗らは圭斉に叱責されながらも好ましく思う。しかし彼が御典医就…

吉宗評判記142話『年の暮 新さん巷の煤払い』(迫間/松尾)感想

青木昆陽から頼まれ結城道場の婿養子伊織の面倒を見る吉宗。彼は己を良く思ってない姑と厳しい妻信乃に圧され腑抜けとなり家出する始末。その結城道場を若年寄就任を目論む安倍紋太夫の配下で道場師範代でもある大場が資金調達のため乗っ取ろうと画策する。

吉宗評判記138話『箱根小しぐれ なさけ雨』(迫間/松尾)感想

加納の爺が病にかかり箱根権現に平癒祈願をした吉宗。無事に病が治った爺を温泉に送り届け、吉宗とお庭番は御礼参りへと箱根の山を登る。その山中で馬子小三郎と出会い、その気骨あるさまに感心した吉宗はその子の父と会うが、父子には深い事情があった。

吉宗評判記137話『江戸育ち女棟梁』(迫間/松尾)感想

増上寺の御用宮大工棟梁 鹿野屋吉太郎が急死。分家の川田屋や寺社奉行所役人が反対するなか、遺された妻のお斗代が跡を継ぎ、夫がやろうとしていた襖絵描き替えもやり遂げると宣言する。生前の吉太郎とも面識があった吉宗はお斗代を応援するが、増上寺御用を…

吉宗評判記133話『聞いてちょ!爺ちゃん若様評判記』(迫間/松尾)感想

尾張柳生頭領穴沢帯刀は家老の指示により加納五郎左衛門の所領、三河の西大平を手に入れようと画策。五郎左衛門臣下の田所甚兵衛が亡くなったのよい事に息子だと偽り入り込む。しかしお忍びでやって来た吉宗と五郎左衛門により陰謀は阻止されるのであった。

吉宗評判記122話『知るや南のうらみ節』(迫間/松尾)感想

薩摩藩の琉球への圧政を、琉球の姫・安南(あなみ)を助けたことにより知る吉宗。何とか琉球の苦難を救ってやりたいと思案するが、薩摩藩はお抱えの忍び開聞党を使い姫を亡き者にしようとする。

吉宗評判記116話『死んで花実の咲いたやつ』(迫間/松尾)感想

日光東照宮修築用の材木納入を落札した木曽屋。卑劣な嫌がらせにあい、助けてくれた老侠客島蔵を雇い入れる木曽屋の娘お道と佐吉。だが嫌がらせをしているヤクザ駒形屋の先代は島蔵の昔の親分だった。駒形屋に「人斬り島蔵」と呼ばれた己の過去をたてに呼び…

吉宗評判記115話『一攫千金ご用心』(迫間/松尾)感想

薩摩藩後ろ盾の三千両富くじに熱中する江戸の人々。知り合った少年の両親らが殺されたことにより、富くじの裏のからくりに気づいた吉宗が陰謀を砕く。

吉宗評判記107話『あわれ、女お庭番』(迫間/河野)

伊賀から来た新しいお庭番・狭霧には里の者も知らぬ双子の妹がいた。妹は汚職の濡衣を着せられ切腹した夫の為に復讐を始め、狭霧もその仇討ちに巻き込まれていく。

吉宗評判記106話『将軍はんて何んどすえ?』(迫間/松尾)

水戸中納言の言葉で京都所司代の行状を見に京へ旅立つ吉宗。所司代が改築に三万両寄進したという寂光院を見に行くと、とてもそうとは思えない荒れ寺で、所司代や結託するヤクザの悪行を聞き及ぶ。

吉宗評判記103話『大騒動!寄り道したのが悪かった』(迫間/松尾)

日光社参の折、部屋住み時代の友である大久保忠之が藩主を務める烏山藩の不審な話を聞いた吉宗。友を案じ、空き日程を使い将軍として爺を伴ってお忍びで烏山藩へ行くが、代官に捕らえられ牢にまで入れられる始末。代官の振る舞いを詫びる目付けに藩主の様子…

吉宗評判記97話『おっ母ぁなんて要らねえや!』(迫間/荒井)感想

辰五郎が出会った利根吉は健気に馬子で働く男の子。親はないが自分を拾って姉のように可愛がってくれる宿場女小とき もいて、明るく暮らしていた。しかしお輿入れ道中の関宿藩鶴姫と家老娘の乳母滋野に出会い、滋野が生き別れの母と分かり、姫を狙う関宿藩反…

吉宗評判記96話『お城の狸をいぶり出せ!』(迫間/荒井)感想

勘定奉行川尻丹後(織本順吉)の汚職は江戸庶民にも知れ渡る程。民の声により罷免の為に徳田新之助の名を前面に出し動き出す吉宗。 グルの老中から次第を聞き、徳田新之助を葬ろうとする川尻丹後だったが失敗。事が収まらぬとなると老中入れ知恵で隠居を願い出…