時代劇+α 拝見録

吉宗評判記 暴れん坊将軍のお庭番(半蔵おその)を主軸とした感想記録

吉宗評判記99話『男、炎の土俵入り!』(飛鳥/松尾)感想

先の御側用人安倍大学(小池朝雄)は影響力は持ちつつも、今は無役の旗本寄合席。旗本達より町人庶民を優先していると吉宗を批判し、同じ寄合席で不満を持つ旗本らと組み、幕閣に返り咲こうと画策していた。
その資金徴収をただ一軒断ってきた好花堂に腹を立て、見せしめに嫌がらせを始める安倍。しかし好花堂女主人は竜虎の恩人。安倍の悪事は吉宗知るところとなる。

 

・安倍大学、小池朝雄の旗本寄合席子分は剣持伴紀に田口計。今回も豪華ね。

 

・好花堂が幕府御用達を外されたのは安倍の御金御用を断ったからかも?と辰五郎から聞いて安倍を即江戸城に呼んで問いただす上様。そんな小さなネタで将軍直々?

 

・安倍の身辺を探れと命じられ、行商人や鳥追い姿で屋敷を探る半蔵おその。おその、安倍の配下にすぐお庭番だとバレるw

 

・御用金、2千両とはふっかけてたなー。そりゃ断りもしますね。店の規模見て出せる位の金額にしておけば…

 

献金を迫っていた田口計に腹を据えかねて暴れる竜虎竜虎さん、殺陣は上手くないんだけど(リアル元力士とはいえ実践と殺陣は違うので)田口計がタイミング合わせてしっかり吹っ飛んでくれてるのでちゃんと強く見える。やられ役大事。

 

田口計が鼻血を…竜虎め。でも血糊がすごく絵の具色。

 

・再度江戸城呼び出しされるが仮病で断る安倍「見苦しき病躯をお目にかけるは恐れ多きゆえ…」笑う安倍。小池朝雄が楽しそうで何よりです。

 

・厳重警戒な夜の安倍屋敷。警備の者達を半蔵が囮になって誘い出し、その間におそのが潜入。庭の落葉の山からおそのが出てきたよ。

 

・屋敷に入り込んだ途端撃たれるおその。それはともかく、この障子影絵演出は何なの?

 

・警備の人達引き連れて屋敷を離れた筈が、やたら戻ってくるのが早い半蔵。塀の上からおそのが逃げる為の援護を。煙幕玉をいつもより多く投げております笑

 

江戸城にて上様にご報告するお庭番。おそのは腕に三角巾。気遣う上様に笑顔を向けるおそのがかわいいね。

 

・安倍屋敷に乗り込む辰五郎。応対する田口計の顔に竜虎にやられた痣メイクが施してあって芸が細かい。

 

・辰五郎は旗本屋敷で鳶口という武器振り回したんだから、斬られても、まあしょうがないよね。

 

・辰五郎にトドメを刺そうとする田口計を止め、安倍の御前のやっている事は強請りだと言う剣持伴紀。剣持伴紀がいい人役は珍しいぞ。

 

・「そんな事ははじめから分かっている!お役に就かんと卑屈な真似をするよりはましだ…!」言ってる事はアレなんだけど、田口計の無役旗本の悲哀とやるせなさの演技が上手くて田口計可哀想…となるよ。

 

・でもよく考えたら寄合は無役でも3000石以上の旗本なんで小普請に比べたら…って、辛さの気持ちは比べるもんじゃないか。

 

・辰五郎のためのお涙頂戴BGMがすっかり田口計と剣持伴紀の演技盛り上げ用になってますがな。やはり本職は違うなー。

 

・急に出てくる半蔵。半蔵が屋敷の者達を抑えてる間に剣持伴紀が辰五郎を連れ出そうと。

 

・一方的にやられてたのに「俺は許せねえんだ!」とまだ残ろうと剣持伴紀に抵抗する辰五郎、いい加減にせえよ。

 

・いい人になった途端、斬られる剣持伴紀。ううう…

 

・め組に担ぎ込まれて、好花堂女将が連れ去られた事を告げる剣持伴紀。自分の体を支えて「しっかりするんだ!」と声をかけてくれている男の顔を見て上様だと気付く。

 

・「お許しを…」とこと切れる剣持伴紀。マジ泣ける。でも上様に抱えられて亡くなったのは旗本としては嬉しかったかも。

 

小池朝雄田口計が女将を脅している所に正義扇。上様登場。

 

・女将に刀をつきつけ、上様を脅す田口計。いいぞ、悪くなるならとことんまでいかんと。

 

・天井から半蔵が飛び降り、女将を奪還。半蔵はできる子。

 

・女将を庇って槍を振るう半蔵素敵ね。

 

竜虎が着物半脱ぎで丸太を振り回して登場。ごっつぁんです!がかわいいぞ。め組は、1おまち2おさい3竜虎の順番で好きです。

 

・おそのも登場。もう三角巾がない…おその回復早いな。

 

・屋敷の中に斬り込んで来たおそのに女将さん預けて、今度は半蔵が槍ぶん回して出て行く展開良い。

 

・あの方が上様…と言う女将に「上様はお忍びゆえ、徳田新之助というお旗本と思っていただきます」と説明するおそのも良き。

 

田口計は半蔵に斬らせたけど小池朝雄は上様がぶっ叩いたのはやはり安倍大学に色々言われるわコケにされるわでムカついてたんだろうなー笑。

 

・女将に礼を言われる竜虎。リアル元力士なので蹲踞に慣れてる感じの背筋伸ばしたしゃがみ方に感心。

 

江戸城に召し出される剣持伴紀の子と妻。悪事に加担したけれど改心し一味壊滅に尽力したのは殊勝。お家断絶は免れ、家禄半減なれど家督相続を許される。あと上様直接のお声がけ、てのも大きい褒美なんだろうな。良かったね。

 

・旗本の職も増やしたそうです。あと安倍さんがお金で幕閣に返り咲こうとしたように、お金ばら撒けば役職得られるのも何とかしたほうがいいよ。それができたら暴将は話にならないけれども。